びあだるの(とにかく)節制生活

3世代

今週末の演奏会の作曲家たち。
チャイコフスキー 1840-1893
ラフマニノフ 1873-1943
ショスタコービッチ 1906-1975

チャイコフスキーとラフマニノフ、ラフマニノフとショスタコービッチはそれぞれ33歳差。チャイコフスキーがおじいさんならラフマニノフがお父さん、息子がショスタコービッチのような感じですね。
ロマノフ王朝時代を生きたチャイコフスキー、レーニンからスターリンの時代を生きたラフマニノフ、そしてスターリンの恐怖政治の下、2つの世界大戦を経験したショスタコービッチ。3人の作曲家が生きた時代背景をもっと掘り下げておけばよかったと、今になって慌ててロシア史を一夜漬けちう・・・(^^;)



# by freiburg0523 | 2017-08-31 08:37 | 音楽 | Comments(2)

遠吠えか?

天文年鑑 2017。
7月に書いた記事
f0055956_1502986.jpg
「月が月が最遠・・・」となっていて面白がっていましたが、今日8月30日も「月が月が最遠」という記載に。他の月もチェックしたら、ほぼ28日周期でやってくる月の最遠が、1月を除いて2月以降12月まで計12回、「月が月が最遠」となっていました。

ううむ。
こりゃ校正ミスというか、意図的なのかな??(笑)



# by freiburg0523 | 2017-08-30 12:00 | 自然 | Comments(2)

ドイツ晴れ

今日のドイツの天気予報 (WetterOnline)
f0055956_7284020.png
全国的に快晴ですね~。カラリと晴れた空の下で飲むビールはさぞや旨かろう(笑)

一方、日本の南方で台風15号(Sanvu)が発生。
f0055956_7284873.png
週末にかけて関東に接近しそうな・・・。来ちゃダメー!!



# by freiburg0523 | 2017-08-29 07:29 | 自然 | Comments(0)

最終練習2日目

昨日に引き続き荻窪で練習。
f0055956_8191381.jpg
午後はチャイコフスキー「1812年」、ショスタコービッチ交響曲第5番。
連日練習していると、精度も上がるのが実感できます。このまま忘れずに土曜日の本番に継続できればいいのだがー。1812の冒頭のVa,Vc,Cbのソロは、チェロに関してはこの日やっと正規メンバーでの演奏。事前に合わせ練習をしていた成果もあってか、なかなか良い感じの仕上がりに。
夜間はラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番の練習。
f0055956_8193144.jpg
最後の最後の練習コマで、チェロはフルメンバー12人が揃いました。チェロケースもずらりと勢ぞろい。
f0055956_8194889.jpg
前半はソリストなしでの練習。休憩後にソリスト・近藤嘉宏先生が登場されての合わせとなりました。近藤先生はとても気さくなお人柄。練習会場のドアで鉢合わせになった際、ドアを押さえてどうぞと優先してくださいました。いやそれはこちらが先生を先にお通ししなければと、「どうぞ、どうぞ・・・」の譲り合いに。うは。これは良い思い出になりました。

近藤先生のTwitterに昨日の練習の様子が動画と共にアップされています!



# by freiburg0523 | 2017-08-28 08:21 | 音楽 | Comments(0)

最終練習1日目

昨夕は荻窪で練習。
チャイコフスキー1812年、ショスタコービッチ交響曲第5番全楽章のフルオケでした。
f0055956_7442491.jpg
1812年は前回にも増した人数のバンダが揃い、盛大な音量でゴージャスに。
f0055956_7445122.jpg
f0055956_745682.jpg
チューブラベルは乱打する鐘の音を表現するため、2基を3人がかりで乱打していました。いやぁ、来週の本番が楽しみ~。

ショスタコは弦が中心の第3楽章がガタガタ。チェロに至っては2部の下のパートがカウントミスの飛び出しで指揮者が御冠に。ちょっと緊張が走った練習になりました。
来週は本番。ベストが尽くせるように今日の練習がんばろう。。



# by freiburg0523 | 2017-08-27 07:46 | 音楽 | Comments(0)

昨日の朝焼け

f0055956_1045069.jpg
朝5時頃、東の空が赤く染まりました。
西の空に浮かぶ雲まで茜色で、とてもきれいな朝焼けでした。



# by freiburg0523 | 2017-08-26 10:04 | 自然 | Comments(0)

仰向けセミのレスキュー

今夏もやってきました。
道端でひっくり返っているセミのレスキューです。

脚をたたんでいるセミは昇天している場合が多いです。逆に脚を広げているのは生きている可能性大。どちらもちょっと指先で脚先をつっついてみましょう。脚をバタつかせたらレスキュー対象。

まずはもがいている脚に指先を触れさせ、セミを指にとまらせます。この時点で元気がいいコは飛び立ちますので、手を振ってあたたかく見送りましょう。

指にとまったままじっとしているコはそのまま木の幹につかまらせてあげましょう。セミが留まっている反対側の人差し指と親指で翅の付け根の脇をつまむのがベター。ちょっと抵抗するかもしれませんが、木の幹にとまらせてあげると安心して大人しくなります。

指にとまっているセミを観察するのも素敵。
セミのつぶらな瞳に魅了されること間違いなし!

あなたもぜひ、セミレスキューにトライしてみてはいかがでしょう?



# by freiburg0523 | 2017-08-25 08:58 | 自然 | Comments(4)

あれまつむしが

チャイコフスキー・序曲1812年のクライマックスで登場する「神よツァーリを護り給え」
(ロシア帝国国家)

関連画像
By Alexey L'vov, Vasily Zhukovsky - Russian Wikipedia, パブリック・ドメイン, Link



最初の4小節って、「あれ、まつむしが鳴いている・・・」に聞こえますよね?(笑)
f0055956_1132840.jpg




# by freiburg0523 | 2017-08-24 12:00 | 音楽 | Comments(2)

のこのこ

道の上に何やら動くものが。
f0055956_2222870.jpg
近づいてよく見たら、キボシカミキリが熱いアスファルトの上を移動していました。
白い斑点のカミキリムシは見たことあったけど、黄色は初めておかも?



# by freiburg0523 | 2017-08-23 22:03 | 自然 | Comments(0)

皆既日食

日本時間の未明、アメリカで皆既日食が観測されました。
f0055956_7522749.jpg


気象衛星GOES16から撮影された合成画像 by NOAA
夜から夜明け、そしてアメリカ大陸を横切る月の影をとらえています。

日食といえば、日本でも5年前に金環日食がありましたよねー。
その時の写真がコチラ↓
f0055956_7523923.jpg
過去記事金環日食



# by freiburg0523 | 2017-08-22 07:57 | 自然 | Comments(2)

見たこと・聞いたこと・食べたこと・飲んだことなどなどつれづれなるままに
by びあだる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

帰宅して、よくゴキと判り..
by オケ老人 at 06:51
★もりこさん ほんと、..
by freiburg0523 at 07:06
NASAのインスタで、カ..
by もりこ at 09:04
★オケ老人さん 巾着田..
by freiburg0523 at 05:54
且つて巾着田に行きました..
by オケ老人 at 09:34
★オケ老人さん ご自宅..
by freiburg0523 at 07:21
そう言えば我が家の近くに..
by オケ老人 at 07:32
★やまさん おお、オー..
by freiburg0523 at 08:00
ノルウェーではオーロラの..
by やま at 07:01
★もりこさん ほんと、..
by freiburg0523 at 10:36

最新の記事

Gとの攻防
at 2017-09-21 08:24
東急池上線1日フリー乗車券
at 2017-09-20 07:49
ありがとうCassini!
at 2017-09-19 07:49
ちょっとだけ
at 2017-09-18 08:31
ふくらむ?
at 2017-09-17 10:23

メモ帳

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
びあだるさんの読書メーター
びあだるさんの読書メーター

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
<素材リンク>
まったりほんぽ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

WetterOnline
Das Wetter für
Freiburg


最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル