びあだるの(とにかく)節制生活

<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧




ただいま~

最終日の朝。
f0055956_20572532.jpg
フライブルクのミュンスター広場は土曜日にとりわけ大きな市が立ちます。
f0055956_20575599.jpg
この季節はなんてったってSpargel(白アスパラ)。イチゴも出盛り期。
f0055956_20583141.jpg
新タマネギ。
f0055956_20585143.jpg
ふさふさの葉をつけたニンジンも美味しそう。

f0055956_2114174.jpg
f0055956_2121047.jpg
名残は尽きねどフライブルク11:57発のICEでフランクフルト空港へ。
f0055956_2124128.jpg
東京(羽田)行きの搭乗口はZ69。
f0055956_2132569.jpg
これがまたターミナルのどん詰まりで遠いのなんの。ターミナルZのスポットには、手前からシカゴ、ニューヨーク、ソウル、北京、上海行きが駐機していて、そのさらに奥の東京行きはもう嫌われているとしか思えない、みたいな(僻)
f0055956_2152782.jpg
東京行きLH716はB747-8(D-ABYO)。機長のアナウンスでは、この日の積載重量は400t、離陸速度は310km/h とのこと。こういう情報は有難や。フランクフルトはRW29Rから離陸。
f0055956_2162095.jpg
こちらは機内。行きのB747-430と比べると格段に明るい空間。天井から吊り下がった仕切りの前方が「プレミアムエコノミークラス」。確かに手前の紺のエコノミーの座席より、グレーの座席の方がゆとりの設計。めしもうまいそうだ。出発前、このプレミアムの座席にまだ数席空きがあるとの機内放送が。349€(約47,000円)をその場でカード決済すれば、アップグレードできますぜだと。けち。この勧誘に乗ったのはたった一人。エコノミーからの引越しで注目の的になっていました。
f0055956_2182952.jpg
パーソナルモニターももちろん装備。でもフライトデータには高度と対地速度の表示がなくてふまーん。B747-430のモニターにはあったのに?この日のフライトアテンダントはハルツ山地の魔女と禿頭の怪人(ベテラン揃い)。しかしチーフの魔女はとても愛想が良く気配りが細やかで、搭乗時と着陸前にはエコノミークラスにもかかわらず(!)一人一人に日本語やドイツ語で挨拶をして廻ってくれました。これは今までのフライトでとりわけ感動的。。

羽田はRW22に着陸。
f0055956_21102110.jpg
隣のスポットにはミュンヘンからのLH714が駐機(右奥の尾翼)していました。

東京はあっちっち。
でもおかげさまでなんとか無事に到着できました。
今回もつまらない道中記におつきあい下さり、ありがとうございました。

とはいえ、まだしばらく道中記続くかもー



by freiburg0523 | 2015-05-31 21:12 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(2)

バイバイ、ドイツ(/_;)/~~

f0055956_23102585.jpg

涙のフランクフルト空港です。免税店で買い物するつもりがなかったのに、隣国の方々の見事な爆買いぶりにほだされて、5月限定価格の1キロ入りのチョコレ−トなんぞ買っていまい、途方に暮れてます。どうすんだ、これ?

留守にしていたたった1週間の間に、日本から地震やら火山やらのニュースが舞い込み、ハラハラでした。どうか羽田に無事に着陸できますように…。



by freiburg0523 | 2015-05-30 23:10 | Comments(0)

センチメンタル

フライブルク中心部から市電で約10分。
f0055956_13552989.jpg
Seepark(湖公園)は砂利採取後の窪地に水を張った人造湖です。
f0055956_135666.jpg
f0055956_13564482.jpg
湖のほとりにはお約束のビアガーデン(笑)
f0055956_13572228.jpg
公園のリンゴの木には小さな実が。
f0055956_1358985.jpg
f0055956_13584297.jpg
街中に戻ってフライブルクのヴェネチア・Insel 地区。
f0055956_13591728.jpg
夕暮れ時にシュロスベルクのビアガーデンへ。
f0055956_141490.jpg
はるかフランス・ヴォージュ山脈の上に積乱雲が沸き立つのを、ぼけーっと眺めていました。
f0055956_1413273.jpg
f0055956_1415914.jpg
夕暮れ時にはじんときてしまう・・・。

今日はお昼に帰路につきます。
遅延が名物となったDB(ドイツ鉄道)。フランクフルト行きのICEが定刻通り運行してくれますように。。



by freiburg0523 | 2015-05-30 14:03 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(2)

See(湖)巡り

Freiburg Hbf から Höllentalbahn(地獄谷鉄道)に乗車。
f0055956_15514159.jpg
ドイツ国内の鉄道で最高勾配(57‰)を誇る鉄道です。
f0055956_15544196.jpg
f0055956_15551043.jpg
Himmelreich~Hinterzarten間(11.5km、標高差430m)ではシュバルツバルトののどかな風景、切通しのような峡谷、それともちろん急勾配が体感できるという魅力的な区間です。
f0055956_155624100.jpg
Hinterzarten駅付近からはジャンプ台が。ジャンプのワールドカップ会場となる由緒ある(?)場所です。その次の駅 Titisee で下車。
f0055956_1558534.jpg
f0055956_15594048.jpg
f0055956_1603555.jpg
ティティ湖はドイツ有数の観光地で、遊覧船が浮かぶ様子はまるで箱根・芦ノ湖(笑)。天気もよく、多くの観光客が来ていました。土産物屋では中国人か?と聞かれたり。確かにここでも中国人観光客が多かったでです。
f0055956_161896.jpg
アイス!
f0055956_1621581.jpg
次なる目的地はWaldsee(森の湖)。
f0055956_1651035.jpg
f0055956_1654167.jpg
f0055956_166927.jpg
フライブルクの南東のエリアにある市民の憩いの場。湖といっても大田区の洗足池と同じ位の大きさかも?湖畔にはカフェレストランがあり、湖を眺めながら食事してもよし、ビールを飲むもよし。
f0055956_1671458.jpg
水辺にはカモの親子も。
f0055956_1674637.jpg
Waldseeから徒歩約10分、かつてメッセ(Messplatz)があったところは、居住&商業エリアに再開発されていました。
f0055956_1683091.jpg
フライブルクでの時間も残すところあと1日。。



by freiburg0523 | 2015-05-29 16:16 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(2)

晴れた~!

昨朝はまずシャウインスラント(Schauinsland)へ。
f0055956_16224747.jpg
フライブルクの中心から市電とバスとロープウェイを乗り継いで、約1時間。
f0055956_16243756.jpg
シュバルツヴァルト(黒い森地方)の南西に位置する標高1284mの山でフライブルクの奥座敷です。ロープウェイの山頂駅からだらだらと上り坂を約10分、さらに18mの展望台へ。午前中はちょっと雲が多かったので眺望はイマイチ。
f0055956_16251347.jpg
それでも緑のグラデーションがきれいでした。山頂付近の気温は2℃くらい?寒さのあまり、すぐに下山。
次に目指したのは森の中のザンクト・ヴァレンティン(St. Valentin)。
f0055956_1627204.jpg
市電の終点から森を抜け、
f0055956_16282792.jpg
牧場を抜けて約20分で到着。
f0055956_16285518.jpg
ここの名物はパンケーキ(Pfannkuchen)。
f0055956_16292926.jpg
ということで、お昼はアップルパンケーキ。
聞こえてくるのは森のささやきと鳥のさえずりのみ。
フライブルクの市内に戻って第2の昼食(おい)。
f0055956_1630517.jpg
ミュンスター広場の焼きソーセージ。
f0055956_1631039.jpg
徒歩で街の高台シュロスベルク(Schlossberg)のビアガーデンへ。
f0055956_1632725.jpg
1杯目。
f0055956_16322628.jpg
2杯目。
ドイツのビールって本当にアルコールが入ってるのか?と疑っちゃうほどライト。いやほんと。
f0055956_1633423.jpg
ビアガーデンのさらに上方にある広場へ。
f0055956_1633342.jpg
フライブルク大聖堂(ミュンスター)の尖塔は10年来修復工事中。あと2年ほどかかるそうで。東山魁夷の「晩鐘」のモデルとなった景色です。
f0055956_1634950.jpg
現在の日没は21時過ぎ、22時を過ぎても空には残光が残っています。



by freiburg0523 | 2015-05-28 16:21 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(0)

VIE-FRA-Freiburg

昨日は移動日。
f0055956_1685632.jpg
ウィーン国際空港。
LH1235でフランクフルトへ。
f0055956_1691781.jpg
なんだか気になるエアライン(笑)
f0055956_169464.jpg
出発時にはまたまた雨。
離陸はRW29。ウィーンの市街地上空を飛んでいくルートなので、晴れていれば街が見えたのですが・・・(涙)。機種はA320-211(D-AIPL)。
f0055956_16225679.jpg
FR24の飛行データ。チェコの上空を通過してたようで。
f0055956_16232889.jpg
フランクフルトに到着。
空港遠距離駅(Fernbahnhof)は空港に隣接している長距離列車(ICE)駅。到着ゲートから国道とアウトバーンを跨ぐ200m以上の通路通路を渡った先に駅があります。その意味でも遠距離駅かも(毒)
f0055956_1624183.jpg
そこからICEで一路フライブルクへ。進行と逆向きの席だったため首をひねって景色をみていたら、下車する頃にはすっかり列車酔い。でもフライブルクに降り立たった時には曇天から一条の光が差してきて、一瞬だったけど明るいフライブルクが出迎えてくれました。感激。。
f0055956_1625297.jpg




by freiburg0523 | 2015-05-27 16:25 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(2)

黄昏のウィーンで神々の黄昏

昨日は5:30出発でウィーンリンク(環状道路)ウォーキングを決行。
この日は聖霊降臨祭の祝日。さらに早朝ということもあり昼間はごった返している中心部も人気がなく。いたのは朝帰りの学生が嬌声を上げているくらい。リンク1周は5km強。ホテルからリンクまでの往復を含めて約75分。気持ちよかったです。
f0055956_14274781.jpg
ウィーンの"ヘソ"シュテファン教会。
教会の周囲には聖霊降臨祭にちなんで屋台が立っていました。
f0055956_14282156.jpg
教会の中ではミサが行われていました。それにしても今や教会の照明もLEDなんですね。
f0055956_1429034.jpg
20時過ぎにオペラ座へ。
この日の演目はワーグナーの「神々の黄昏」。ニーベルング・シリーズの最終章にして演奏時間は4時間越え。事前にチケットを取るか迷ったのですが、開演16:00、終演21:30ということでパス。現地に来てみるとライブビューイングがあったので、これだ!と。夕方、ウィーン郊外のGrinzingでしこたまワインを飲んだ後、ここに来てもまだ第3幕の中盤。ジークフリートがハーゲンに殺される直前というクライマックスから観ることができました。
f0055956_1430495.jpg
メタボのジークフリート(右)
f0055956_14312839.jpg
ジークフリート葬送行進曲ではオケピがアップ。
f0055956_14315138.jpg
指揮はサイモン・ラトル。
f0055956_1432157.jpg
ちょっと年増なブリュンヒルデ。
f0055956_14331183.jpg
「ブリュンヒルデの自己犠牲」の最終シーンは昇天したジークフリートとブリュンヒルデが全裸で抱擁しているシーンで幕が降りました。
f0055956_14372213.jpg
カーテンコール。
f0055956_14381825.jpg
ハゲのハーゲン(!)がかっこよかった。場外とは言え、終わると同時に拍手喝采が。これだけでも音楽の都に来た甲斐があったかも。
f0055956_14385190.jpg
暮れなずむウィーン。ここはいつも立ち去りがたい街です。



by freiburg0523 | 2015-05-26 14:47 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(4)

ドナウの濁流

美しき青きドナウ。
f0055956_1639516.jpg
うーん、しかしこれはどう見ても茶色の濁流です。到着した23日に大雨が降ったため、川の水位が上がっていたようです。洪水には至らなかったので良かった。。
f0055956_16401685.jpg
ウィーンからドナウの上流Spitzまでバス、そこからドナウ流域でもとりわけ風光明媚なヴァッハウ渓谷(Wachau)を観光船でMelkまで遡上しました。観光船は2階建てのレストランになっていて、屋上のデッキでは風景が存分に楽しめます。天気が良ければね。この日は雨だったので屋上には30分程度いたものの雨と寒さですごすごと退散。
f0055956_16405658.jpg
レストランで炭酸割りのワインを飲みながら風景を見ていました。
f0055956_16422659.jpg
f0055956_16425578.jpg
Melkではオーストリア国内最大のベネディクト派修道院を見学。
f0055956_16431724.jpg
長い廊下。
修道院建物で最長部は320mにも及ぶそうで。16編成の湘南新宿ラインと同じ長さ(笑)
f0055956_16434269.jpg
修道院の先端の教会正面。
f0055956_1644319.jpg
教会の内部。
f0055956_1644311.jpg
教会の前のバルコニーからはメルクの街とドナウ、その向こうには緑野が広がっていました。うーん、天気が良い時に来てみたかった。。



by freiburg0523 | 2015-05-25 16:44 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(0)

NRT-FRA-VIE

昨日のLH711は成田空港RW16RからTake off。
f0055956_112347100.jpg
B747-430のエコノミークラスにもパーソナルモニターが。座席と仕切りのカーテンがグレーから紺色になったせいか、なんだか機内が暗い印象。
f0055956_11241810.jpg
昼食は牛肉のグラーシュ&シュプフヌーデルン(フィンガーポテト)。もう1つの選択肢は"和食"で豚角煮&茶飯。ルフトハンザめしは期待していなければ不味くはないけど、だからといって美味しくもなく(笑)。
f0055956_11254129.jpg
到着2時間前に出された"夕食"はパスタ。もう一つは牛すき焼きだったのですが、エコノミー後方座席にはチョイスの機会すら与えられず、ゲルマンスッチーが真顔で目を据えて(有無を言わさず)パスタを食えと。いいね、ルフトハンザはこうでなくちゃ(毒)
f0055956_11284519.jpg
ルートはフィンランドからボスニア湾を横切って、リューゲン島からドイツへ。フランクフルト空港はRW07Rに着陸。通路側の座席に加え、主翼後方だったため飛行中機窓からの景色は一切見られず。モニターに映し出されるGoogleEarthの地図だけが頼りでした。しかしこれがGPSの誤差からか、離着陸時は田畑を滑走したり、駐機中の飛行機やターミナルをなぎ倒して行くような壮絶なシーンになってました。

フランクルトでウィーンへ。
LH1240はA321-131(D-ABRM)は、RW07LからTake off。
f0055956_11304829.jpg
f0055956_11321770.jpg
雲海がきれいー!と喜んでいたのも束の間、雲の下のウィーンは雨でした。



by freiburg0523 | 2015-05-24 11:32 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(6)

れっつご〜!

f0055956_943545.jpg

今日の機体はD-ABVW, B747-430。
大好きなルフトハンザで行ってきま〜す!



by freiburg0523 | 2015-05-23 09:04 | 2015年5月・墺独放浪 | Comments(2)

見たこと・聞いたこと・食べたこと・飲んだことなどなどつれづれなるままに
by びあだる
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

いよいよですか!私は次女..
by もりこ at 08:43
★オケ老人さん 羽田空..
by freiburg0523 at 21:13
都心を横切る飛行機が多く..
by オケ老人 at 10:38
★しゅうじさん そうで..
by freiburg0523 at 09:50
B747-8ですね! ..
by しゅうじ at 21:35
★もりこさん 今年はク..
by freiburg0523 at 11:47
★オケ老人さん ほんと..
by freiburg0523 at 11:44
★みのむしさん 探検中..
by freiburg0523 at 11:37
術後4週間…ということは..
by もりこ at 09:46
それは良かった!!! ..
by オケ老人 at 07:52

最新の記事

いよいよ
at 2017-12-11 21:16
5 Starhansa ★★..
at 2017-12-10 21:39
Lufthansa!
at 2017-12-08 17:07
stat call
at 2017-12-06 12:01
山手線と京浜東北線
at 2017-12-04 17:24

メモ帳

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
びあだるさんの読書メーター
びあだるさんの読書メーター

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
<素材リンク>
まったりほんぽ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

WetterOnline
Das Wetter für
Freiburg


最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル