びあだるの(とにかく)節制生活

昨日は冬至でした

昨日は冬至。
昼間の時間が短いということは、太陽の南中高度が年間で一番低くい日でもありました。
この日の東京の南中高度は30.92度
こちらは東京の冬至と夏至の太陽高度の一日の変化のグラフ(@東京)
f0055956_10562618.jpg
f0055956_10563481.jpg
夏至でいうと、冬至の最高高度の仰角30度に達するのは朝7:15分、夕方16:15頃になるようで。とはいえ、私は冬至の頃の高度が低いお昼ごろの日差しが大好きです。

<参考>
Keisan(太陽高度(一日の変化)



by freiburg0523 | 2015-12-23 10:58 | 自然 | Comments(4)
Commented by しゅうじ at 2015-12-23 21:46 x
超正確にいうと、太陽の光は地球まで届くのは8秒かかるのでしたっけ? 8秒前の太陽の姿を8秒後に見ているということは、・・・ うーん、頭がこんがらがる。
結局は南中高度が一番高くなるのは、8秒後になるということでしょうね。。。これでいいかな。。。
Commented by freiburg0523 at 2015-12-24 09:40
★しゅうじさん
太陽-地球間って光速で約8分でしたよね(^^;)
天文現象はあくまでも地球上での見かけで決まるので、南中や日の出、日の入りも太陽間の距離や光の到達時間は関係ないと考えられます。しゅうじさんがお悩みの通り、じつは南中時刻に見える太陽は、じつは8分前の太陽の姿なんですよね(^^;)
Commented by しゅうじ at 2015-12-26 21:11 x
おお! 8分でしたか。。。結構昔の光をあびているなあ、と感心。
サイエンスZEROで見ましたが、宇宙を470億光年までは観察できるけど、その先もまだまだ宇宙が広がっているらしいです。ビックバンの時に、光よりも速く広がったところは、地球から観察できないというのには、なるほどと思いました。
Commented by freiburg0523 at 2015-12-28 08:17
★しゅうじさん
宇宙の果ては、そして宇宙の外は一体どうなっているのでしょうね。想いを馳せるとなんだか眠くなっちゃうよね(^^;)

見たこと・聞いたこと・食べたこと・飲んだことなどなどつれづれなるままに
by びあだる
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

★オケ老人さん 羽田空..
by freiburg0523 at 21:13
都心を横切る飛行機が多く..
by オケ老人 at 10:38
★しゅうじさん そうで..
by freiburg0523 at 09:50
B747-8ですね! ..
by しゅうじ at 21:35
★もりこさん 今年はク..
by freiburg0523 at 11:47
★オケ老人さん ほんと..
by freiburg0523 at 11:44
★みのむしさん 探検中..
by freiburg0523 at 11:37
術後4週間…ということは..
by もりこ at 09:46
それは良かった!!! ..
by オケ老人 at 07:52
探検しがいのありそうな、..
by みのむし at 10:09

最新の記事

いよいよ
at 2017-12-11 21:16
5 Starhansa ★★..
at 2017-12-10 21:39
Lufthansa!
at 2017-12-08 17:07
stat call
at 2017-12-06 12:01
山手線と京浜東北線
at 2017-12-04 17:24

メモ帳

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
びあだるさんの読書メーター
びあだるさんの読書メーター

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
<素材リンク>
まったりほんぽ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

WetterOnline
Das Wetter für
Freiburg


最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン

ブログジャンル